草刈りや草むしりの費用を抑えるために!購入したほうが良い道具

草むしりが楽になる

草取りを定期的に行なうことで、専門業者に依頼する回数を減らすことができます。家計の節約をしたい主婦の方は、自分でできる草むしりをした方がいいでしょう。少しでも作業の負担を軽くするために、便利な道具を紹介しますので、購入を検討してみましょう。

女性でも扱える~電動草刈り機~

力のない私でも使えました!(30代/女性)

私は草刈りをする時は電動草刈り機を使用しています。手軽さがメリットですし、女性でも使用できるコンパクトタイプも販売されています。価格も1万円程度ですので、太くしっかりと生えた雑草でも電動式草刈り機だと簡単に刈り取れますよ。

本格派はこれ~エンジン式刈り払い機~

力のない私でも使えました!(50代/女性)

うちの庭はすこし広めなので電動式よりも作業範囲に制限がないエンジン式刈払い機を利用しています。エンジンで作動するので、電池の残量を気にすることなく作業を進めることが出来ます。最近では軽量化されたタイプも販売されているので、持ち運びも便利ですし女性でも安心して扱えます。

繊細に作業をしたい職人派向け~コスパも高い鎌~

定番アイテムは欠かせない(20代/女性)

草刈り機も使用していますが、どうしても細かな部分の草刈りには対応できない部分に関しては鎌を利用しています。鎌であれば細かな部分までピンポイントで刈り取ることができますし、どこでも購入できるので初心者にもおすすめです。ホームセンターであれば1000円以内で購入できるためコスパもかなり高めです。

草刈り後のお手入れも重要~ブロア~

草刈り後の片付けもらくらく!(40代/女性)

今までは草刈りを終えた後に、手作業で刈った草を集めて片付けていたのでかなり面倒でした。ですがブロアの存在を知って、使用するようになってからは強力な風で雑草を簡単に集めることが出来るようになりました。作業時間もかなり短くなったので、まだ使っていない人にぜひおすすめしたいです。

このように、草刈りを行なう際に使用できるアイテムは数多くあります。自分の目的に合わせてアイテムを選んでみるといいでしょう。

業者で取り扱っている薬剤

ホームセンターや園芸店では、散布するだけで雑草を枯らすことができる薬剤も販売していますし、専門業者が使用する薬剤も購入できます。しかし、取扱いを間違えると危険な薬品なので、薬剤は業者の指導を受けてから使用した方がいいかもしれません。

薬を使う

自宅の庭に害虫が発生した場合、防除剤を使用することもあります。害虫の種類や発生量を専門業者に調べてもらい、防除剤を散布することが大事です。 薬剤を散布するときは、雨が降っているときはやめましょう。また、必要以上に強い薬剤も使用しないようにすることが大事です。また、カイガラムシなどは草木の葉の裏にも散布することで退治できますし、薬剤を散布することで、うどん粉病やすす病を予防することもできます。

庭の草手入れはマメに行なう

イネ科植物のイズナなどは、一度に沢山の種をつけるので放置すると、ドンドン増えてしまします。そのため、草刈りは年間を通して計画的に行なうことが大事です。素人でもクローバーなどの雑草は、手で根っこごと引き抜くことができるので、作業は難しくないでしょう。しかし、何度も何度も生えてくるために、こまめに庭の手入れをすることが重要です。自分ではできない手入れは専門の業者に任せるようにしましょう。作業を分担することで、業者の作業価格も安くなりますし、一年中綺麗な景観の庭を保つことができます。

TOPボタン